英雄はただ一人でいい

どうも、寮長です。

最近、自分はあるものに熱中しています。それは何かというと…

仮面ライダークウガ」です!U-NEXTに契約している寮生がいるので、こっそりロビーで見ていました。寮のいいところですねえ。(こっそり裏でお気持ち代は払っています)

仮面ライダークウガ に対する画像結果

↑仮面ライダークウガ

滅茶苦茶かっこいいですねえ。惚れます。筆者の夏は研究と釣りと就活で殆ど終わってしまいましたが、スキマ時間を使って寮生と一緒に見ていました。なんと気づいたら全話見終わってました。それくらい夢中になってしまった作品です。

では、クウガを見終わった感想を。ネタバレは避ける方向でいきたい。

主人公の五代雄介(俳優オダギリジョー)は青空のような広い心を持つ青年であり、ひょんなことからクウガのベルトを腰に当ててしまったことで、クウガとして戦うことになります。作中では強敵が出てくるたびに病院に運ばれて生死の境をさまよったりしますが、五代はただひたすら人類を守るためにたった一人で戦い続けます。結局五代は作中で弱音を吐くことなく最後まで戦い続けました。実はクウガのベルトは青空のように心が澄んでいて綺麗な人間でないと装着できないのです。たまたま心の綺麗な人間の手に渡ったから五代はクウガになり、敵から人類を救えたのです。運命か、宿命か。ドラマチックです。

印象に残ったシーンはラスボスとのバトルです。ラスボスとのバトルでは、笑いながら戦いを心から楽しむラスボスに対して、終始悲しみの表情を浮かべながら戦う五代の姿に胸を打たれました。最終的に2人は変身を解き、ただの2人の人間として殴り合うのです。涙なしには語れません。また、最後の変身シーンでは、心をなくす戦闘マシーンといわれる究極完全体(アルティメットフォーム)へとクウガは変貌しましたが、その姿は文献や古代遺跡にあった姿とは違い、目が黒色ではなく赤色の姿であったのです。そう、クウガは数々の悲しい戦いを経て清い心を保ったまま最終形態へとなれたのです。ここも感動ポイントですね。

ちなみにクウガの敵の名前はグロンギというのですが、こいつが奇妙です。グロンギは別に世界征服とかを企んでいる組織でもなく、ひょんなことからよみがえってしまった古代民族です。何故人殺しをするかというと、それが彼らの文化だからです。「同じ電車に乗った人を一定時間経過後に殺す」とか、「プールにいる人を殺す」とか、後半に進むにつれてゲームにも縛りが課されていきます。このゲームを行うグロンギvs人を守るクウガといった構図で物語が展開されます。

彼らは普段は人間と変わらない見た目をしています。(でも装飾品が奇抜だったり、口紅が黒色だったりする)また、彼らはグロンギ語という独特の言葉で話し、物語が進むにつれ日本語を話すようになりますが、グロンギ語には一切字幕やテロップが出ません。身近に潜む違和感、気味悪さを見事に表現していると言えます。ちなみに殺し方もバイクでひき殺したり、高いところに連れて行って落下死させたり、今のご時世では表現できなさそうですね。これを朝8時からやってて、当時の子供たちの中には泣いちゃう人もいそうな感じです。

サイドバーでクエリ検索

↑怪人の人間態。どこか服装、装飾品が人間離れしている印象である。

ここまで見るとありふれたストーリーに見えるかもしれませんが、先ほど述べた「たった一人で戦い続ける(一応警察は味方)」「世界征服とか目的があるわけではなく、ただ人殺しを文化として行う集団」という2点、これは仮面ライダーとしてはかなり異質なストーリーです。大体の仮面ライダーにはライバルポジションの奴とかいますし、大体は世界征服、人間滅亡とかを企んでいたりします。その異質な感じも魅力的なのかもしれないですね。

自分は元々アニメや映画を見るのが苦手で、大抵のものは10分前後で飽きてしまいますが、この仮面ライダークウガシリーズは飽きることなく気づいたら最後まで見終わっていました。今は次シリーズの「仮面ライダーアギト」を見ています。

このクウガシリーズ,自分は生まれて間もないころでしたので、リアルタイムで見ることが出来ませんでしたが、リアルタイムで見ていたらきっとハマっていたと思います。何より五代雄介もクウガもカッコよすぎるのです。(語彙力)

子供から見てもクウガがかっこいいってなりますし、変身ベルトほしい!ってなります。お父さんが見るにしても、十分考察とかもできますし、滅茶苦茶お勧めできる作品です。自分も将来息子や娘が出来て一緒にその時の仮面ライダーを見る機会があれば、子供に負けないくらい作品にのめり込んで子供をドン引きさせたいです。

読書感想文みたいですね。読んでいただきありがとうございました。コメントでクウガ感想戦しましょう。

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

納涼…?

夏といえば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。私は花火ですかね。どうもメインブロガー寮長です。

ちなみにこの写真は8月のおしょろ丸航海の際に船の上から函館の花火大会を撮影したものです。筆者は船の上でイカ釣りをしながら花火を見ていました。お納めください。

さて、もう8月が終わってしまいます。昭和60年北大恵迪寮寮歌「沈黙の社に」2番にこんなフレーズがあります。

「水恋鳥の哀しき聲に
 我故知らず涙流しぬ
 短き夏と認識りはすれども
 樹々色づきてはや盛夏逝きぬ」

北海道の夏の短さや夏が終わってしまう切なさ、実りの秋が始まる期待など、さまざまな感情を含んだ詩ですね。個人的に大好きなフレーズです。そんな8月の終わりに北晨寮で行われたのが…?

百物語!そう、夏といえば怪談です。百物語とは、日本の伝統的な怪談会のスタイルのひとつであり、怪談を100話語り終えると、本物の物の怪が現れると言われています。(古伝降霊術 百物語〜ほんとにあった怖い話〜より)

こんな感じで、辺りを暗くして、燭台を立てて行いました。事の発端は、RN太郎(M2)が「納涼しようぜ!」と言って蝋燭50本を買ってきたことです。いきなり過ぎてビックリしましたが、そこは北晨寮生。あっという間に10人弱が集まって百物語が始まりました。

とある寮生の怖すぎるエピソードトークから、初めてできた彼女の話、母国の話など、怪談ではない話もありましたが、個々人のトーク力、エピソードの壮大さに圧倒されました。

MVPはガキ(4)。次は頑張ってねガキ君。

納涼。時期はもう9月です。

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

8/28虫取り大会

どうも、寮長です。この2カ月HPの更新が出来ずにすみません。

個人的にカラフトマスを釣りに知床に行ったり、札幌に飲みに行ったりインターンに行ったりしていました。修士ということで自分は夏休みが1週間+αしかありませんでしたが、中々充実した夏を送っている次第でございます。(なお、カラフトマスは釣れず…)

8~9月は夏休みということで、北晨寮もスカスカになってしまっていて、少し物寂しさを感じる次第です。そんな中…

寮生委員会主催で、虫取り大会!行いました。元々8/7の夏休み前に行うはずだったのですが…記録的豪雨に見舞われ延期という形をとったのです。

ルールは簡単!でかい虫とったら勝ち!という簡単なルール。北晨寮は車を持っている人が多いので、車を使って道南を駆け巡りました。

筆者のチームは山奥まで行ったのですが、虫の気配はゼロ。カマドウマを1匹だけとって泣く泣く帰寮。帰りにきじひき高原に寄って夜景を見てきました。素直に綺麗でした。

野郎しかいなかったので、我々は次は彼女を作ってここに来ると誓いました。陳(3)は「夜景の醍醐味は、夜景をただ見るだけではなく、夜景と夜景に感動する彼女の横顔を見ることである。今は時ではない。」と名言を残しました。

冗談はさておき、寮に帰ってみると、別のチームはガを捕まえていました。

羽に穴が開いている…レアそう…という月並みな感想しか言えませんでした。何はともあれ、彼らには審査委員長の龍栄(3)から商品の桃が送られました。クワガタは取れず。そして虫取り大会の後は皆でスイカタイム!

&山岡家タイム!

夏ですね。

<おまけ>函館在住の北晨寮OBから送られてきたクワガタの写真。なるほど、我々のポイント選びが間違っていましたね。こんなに寒いのにクワガタ取れることに感動。

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

海は広いな大きいな

 中々HPを更新できずにすみません。寮長です。せっかくなので筆者が6月に行ってきた北大水産学部の練習船「うしお丸」にて撮った写真を一枚。この景色はどこでしょうか…?

 正解は室蘭です!右奥が白鳥大橋と呼ばれる室蘭名物の橋ですね。遠くから見ても中々のスケールです。観測途中で室蘭沖に停泊したときの写真になります。

 北大の水産学部は、4年生で配属される研究室によっては月1回ほどのペースで船に乗ることがあります。筆者の研究室は2か月に1回ほど定期的に北海道噴火湾(内浦湾)に海水サンプルの採取に出かけ、海水中の目に見えない成分(海水に溶けている酸素の量や植物プランクトン量など)や海底の堆積物の分析を行っています。目に見えない成分を測定してデータを出すというのは、大変ですがロマンがあってなかなか楽しいと筆者は常々思っています。

 船は楽しいです!筆者は船に乗っている瞬間が一番自分が水産学部であることを感じる瞬間だと思っています。もしも高校生の方が見てくれていたら、北大の水産学部を是非検討してみてください。以上、駄文失礼しました。

 

 

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

184期始動!

この度6月1日を持ちまして北晨寮は184期に代交代致しました。

寮生の皆さん、まだ見ぬ新入寮生の皆さん、OBOGの皆さん、半年間宜しくお願いします。

                              184期寮長より

カテゴリー: 寮生日記 | 3件のコメント

ジョギングのススメ その2

どうも、9時18時のコアタイムで一日24時間じゃ絶対に足りない寮長です。

最近北晨寮はジョギングブームなようで、走りに出ている人を度々見ます。てなわけで、

【函館マラソンのコース(32km)】

 函館マラソンのコース(30kmまで)です。フルマラソンをやるのであれば30km走は必須なのでいい練習になります。道は千代台のあたりが初見だと分かりにくいくらいであとは比較的単純です。空港まで行って、漁火通り沿いに谷地頭へ、亀田川沿いに北上して千代台まで戻ってきます。空港のあたりと宝来町から谷地頭の電停の間に起伏がありますが、坂自体はそんなにきつくありません。如何せん風が強い。

 一番きついのは20km過ぎたあたり函館駅前から宝来町の電停までの1.5kmの直線で、なんだかクッソ長く感じます。逆にもっと長い直線の漁火通りは信号が少なく景色もいいので走りやすいです。普通に車通りがあるコースなので、車を気にしたくないのなら夜11時以降がおすすめ。

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

Win-Winバザー出品物募集中!

 今年も新入寮生がタダで家具を手に入れられるイベント「Win-Winバザー」の出品物が続々と集まってきています。新入寮生の皆さん、お楽しみに。

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

ジョギングのススメ その1

こんにちは、英語の発表が終わって最近ジョグとポケモンしかしてない寮長です。

最近男は顔か筋肉という議論がありまして、顔はどうしようもないから運動しようということでおすすめのジョギングコースを紹介します。

【函館空港(18.3km)】

本通のミスドまでは信号が多いけど以降はあんまり止まらない。漁火通り沿いは平坦で信号も少ないので走りやすい。ちなみに空港の駐車場の周りを1周するとほぼ1kmなのでそこで距離調節できる。やる気が出ない時におすすめ。

ちなみに長めの有酸素運動をすれば痩せますが、筋肉はそんなにつきません。細マッチョにはなります

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

北晨寮のペット

 寮にはかわいいペットがいます。

 彼はミドリガメ。名前はまだ無い(あったかもしれないが、某ナメック戦士のように本当の名前は誰も知らない)。栄養状態が良い割に今年は無精卵を産んだりしていないので、多分オスだと思います。

 コンゴテトラ。他にサイアミーズが1匹います。別水槽にはポリプテルスがいます。デカ水槽(120cm)で泳ぐ姿は壮観です。

 一緒に水槽管理してみませんか?

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

第183期寮生委員の高橋です。

2022年が始まりましたね。北晨寮では新年一発目のイベントに購買部主催で餅つき大会を行いました。美味しかったです。

また、昨日は購買に長らく眠っていたディナーカレーソースを使ったカレパが購買部主導のもと行われました。

これからも購買部にはさまざまなイベントを行ってほしいですね。

文責:高橋

カテゴリー: 寮生日記 | コメントする