寮内では「居部屋」と呼ばれています。
各階に1つずつある、いわゆるリビングのようなところで、寮生の団欒の場です。


大学から支給された大きなテレビが1台と、寮生が代々引き継いできた家具や本などが置かれています。
上記のような物品のほか、寮生が私物を持ち寄って構成しているため、各階の特徴が表れる空間と言えるでしょう。


漫画を読んでいる寮生、レポートをやっている寮生、食事をしている寮生、そこらに転がって寝ている寮生……ここでの過ごし方は様々です。


自分がどこに住むかを考える際、居部屋を見てみてはどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。